toggle
2016-12-23

前世療法の不思議

ヒプノセラピーと聞くと、前世療法のイメージを強く持たれてる方が多いのではないでしょうか?それくらい、前世療法というものは徐々に日本でもメジャーなセラピーの1つになってきていると言われています。

 

実際、私のサロンにいらっしゃるクライアント様も前世療法をご希望されるケースが増えています。そして体験された方は必ず、「前世も今生も魂は繋がっている」ということを思い出されます。その結果、「今現在の自分が置かれている状況に疑問をもっていたけれど腑に落ちた」「今の自分を愛せるようになった」「今の自分に自信がついた」などのポジティブで健康的な気持ちで毎日をお過ごしいただけるようになっています。

 

♠肉体は滅びても魂は続く

ヒプノセラピーというのは、セラピストの催眠誘導で深い催眠状態(変性意識状態)になって行うセラピーです。催眠状態というのはざっくり説明しますと潜在意識(大脳辺縁系)と顕在意識(大脳新皮質)が繋がった状態のこと。(※詳しくはこちらをお読みください→『ヒプノセラピー(催眠療法)』)

 

この催眠状態で※潜在意識よりもさらに深い状態に入り、前世のデータへとアクセスします。(※潜在意識よりもさらに深い状態=中間生・前世・集合的無意識などのデータが管理されていると言われてる)

 

そして、前世の自分に出会い、その前世の自分の一生を追体験することで前世の記憶を思い出していきます。(この追体験で、今現在の自分がなぜ今生に生まれてきたのか?ということも思い出される方も多くいらっしゃいます)

 

さらに、前世の自分から今生の自分へのメッセージを受け取ったり、反対に今生の自分が前世の自分へ悩み事などを相談したりすることで、大きな気づきや、内なる癒しなどを体感できるのです。

その他にも、今生の自分が感じている不健康な症状(感情・感覚など)の原因を一番最初に作った前世へとアクセスし、その不健康な症状の原因を癒すことでその症状が改善したというケースなど、それ以外にもいろいろなケースがございます。

 

 

♣前世療法のパイオニア『ブライアン・L・ワイス博士』

世界中で大ベストセラーとなったワイス博士の書籍、『前世療法』(洋題「”Many Lives, Many Masters”」)には数々の貴重な経験談や数々の奇跡的な事例が書かれています。(その他にもたくさんの前世療法に関する書籍やCDブックなども出版されています。)

 


↑こちらは私物の書籍たち(ほんの一部です)

また、ワイス博士は天使のワークで世界的に有名なドリーンバーチュー博士とコラボした『PAST LIFE ORACL CARDS』(前世療法のオラクルカード)も発売されています。(スマートフォンのアプリ版はこちら→ App Store     Andoroidアプリ)

(↑私のセッションでも実際に使用しています)

 

前世療法に興味があるけどなんとなく敷居が高いと思われてる方や、自分の前世に興味があるという方は、これらの書籍やCDブック、そしてオラクルカードをご参考になさってみてはいかがでしょう。

 

 

♥前世療法で自分の過去世を知ることのメリット

前世は1つとは限りません。たいてい私たちは魂の成長のために何度も転生してきています。(中には地球人1年生の方もいらっしゃいます)その前世を知ることで、今世なぜ自分が地球に生まれてきたのか?というテーマや使命を思い出すことができます。そして、その今世のテーマや使命を思い出すことで、前世から繰り返している不健康な状況(カルマなど)を上手に昇華させることができると言われています。

 

『前世(過去)を振り返ることで、今世(現在)の自分自信を確認・調整し、いまここからポジティブな未来世(未来)を創っていく』

 

これが前世療法の醍醐味なのではないでしょうか。

 

 

♦「Room.345」セラピスト・美帆子が目指す前世療法とは?

前世療法はただの神秘的な体験をするだけのものではなく、あくまで自分自身の魂の成長のために気づきを得る体験型アトラクションのようなものなのです。これからの新時代を力強くそして「楽」な気持ちで生き抜くためのガイドブックとして、前世療法を気軽に活用していただければと思っています。

 

 

あなたの今生の使命はなんですか?

タグ:
関連記事