toggle
2016-12-21

アストロロジー(占星学)とヒプノセラピー

一昨日から(12月19日(月)19:55)水星が逆行しているおかげで、文章がスラスラ書けないというトラップにまんまと引っかかってます。

 

どーも。太陽星座は乙女座!Room.345 セラピスト・美帆子でございます☆

 

水星はコミュニケーションを司る惑星と言われております。また、他にもいろいろな意味合いがあったりするみたいですが、読み書きなんかも水星のエネルギーだそうな。

 

もしかして、芸人時代に年に数回コント台本が全く進まなくなってしまうあの謎のスランプ現象は水星の仕業だったのかもしれない!!と、今更ながら勝手に解釈してなぜかテンションあがっております。

 

 

ま、今回の水星逆行期間中は、ゆる〜く、進めていこうではないですか!そうそう💡うちの猫息子・家康のようにのんびりとね。

 

 

 

♠ヒプノセラピストなのに、なぜ、アストロロジーを勉強しているのか

 

初めてセッションにいらっしゃるクライアント様に『ヒプノセラピストなのになぜアストロロジーを勉強されてるのですか?』と聞かれることがあります。

 

理由は簡単です。肉眼では見えない物を扱うのが好きだからです❤️

 

とにかく、宇宙の可能性は未知数なわけで、それと同様、人間(小宇宙とも言われてる)の可能性も未知数なわけです。

そして、人間は宇宙の一部である地球という惑星に生息しているわけで、そもそも人間自体も宇宙の一部であるということ。となると、やはりアストロロジーという分野の知識というものに興味津々なわけです。

 

♣可能性は無限

 

私がヒプノセラピーのセッションを行う上で、まず一番重要視するのはカウンセリングです。とにかくクライアント様のお話を全身全霊で傾聴します。(ちなみにセッション中は私の守護天使たちと大天使たちにも協力してもらってます)

 

クライアント様の声や言葉のエネルギーをリーディングしつつ、言葉本来の意味を理解し、そして、クライアント様をどこにアテンドすればよいのか?というもの決めていくのですが、そのクライアント様から発せられるエネルギーをより理解するためにアストロロジーを活用しています。

 

ちなみに私はアストロロジャーではないので、クライアント様に作成したホロスコープのチャートの内容をお知らせすることは殆どありません。あくまで、クライアント様のお悩みやご相談により深い理解をするための方法の1つとして活用しているからです。

 

 

何よりも大切なのは、クライアント様ご自身が、今目の間に置かれている状況や起こっておる出来事に対して積極的に向き合い、自分自身で気づきを得ることだと思います。私たちセラピストはそのクライアント様がより安全で快適に目的地へと到着できるようにサポートしています。

 

そして、センション中はどんな状況になっても諦めないということ。諦めたらそこで全てがストップしてしまいます。ですから可能性をより広げるためにもアストロロジーを味方につけてセッションに挑んでいるのです。(先ほども言いましたが天使も味方につけております👼)

 

 

 

 

♥潜在意識を活用すると惑星のエネルギーも感じやすくなる

 

ヒプノセラピーを何度もお受けになってらっしゃる方や、ヒプノセラピーについてお勉強されてらっしゃる方は、直観力が冴えてらっしゃる方がひじょうに多いと思われます。直観力が冴えているということは要するに『本来の自分の声を聞くことが上手』ということでもありますので、自ら負のループに陥る事が比較的、少ないのではないでしょうか?

 

では、ヒプノセラピーを受けるとなぜ直観力がさえるのか?それは潜在意識とダイレクトにアクセスしコンタクトを取るからだと思います。潜在意識にアクセスするとその感覚をしっかりと覚えますので、本当の自分の声とエゴの声が聞き分ける事ができるようになるのでしょう。

 

そして、それらを繰り返しているうちに潜在意識のより深い部分とのつながりができ、目には見えない高次元のエネルギーや存在というものを感じる事ができるようになります。

 

 

これからの時代、自分自身とのコミュニケーションを密にとり、本来の自分自身の声を認識し動いていく事がひじょうに大切になっていきます。

 

そして、それと一緒に宇宙のエネルギーを味方につけるとよりパワフルに前に進んでいくことができるでしょう。

 

 

アストロロジーとヒプノセラピー

 

これは宇宙と私たちをより親密に繋ぐ大きな架け橋なのかもしれません🌈

 

 

 

タグ:
関連記事