toggle
2017-05-02

心地の良い『睡眠』へ☆「おやすみロジャー」「おやすみエレン」

おはようございます。

Room.345 ヒプノセラピスト・美帆子でございます✌️

 

数年前にスウェーデンで出版され、世界的にベストセラーとなった寝かしつけの絵本があるのをご存知でしょうか。

 

私は、ベストセラーであるということと本屋さんで平積みされているのを毎度ふわっと目にしていたのでタイトルだけは何となく存じていましたけれども、実際にどんな内容でどんな絵本であるかというのは全く存じ上げておりませんでした。

 

実際にどんな内容であるかを知ったのは昨年の催眠学会の学術大会に参加させていただいた時。

ヒプノセラピーのレジェンドの一人であります、「ミルトンエリクソン」のメソッドそのものが使われていると話題となりました。

 

その話題となった絵本が・・・

「おやすみ、ロジャー」

 

実際に私も手にしてみましたけれども、お子様だけでなく老若男女ジェンダー問わずどなたでも、心地良い睡眠が体験できる内容になっていると感じるくらい、『睡眠』へ誘うテクニックがふんだんにちりばめられています♪

 

ま、それもそのはず。私が言うまでもなく、著者の「カール=ヨハン・エリーン」さんは行動科学者。心理学と行動科学を生かしてこの著書を書いたそうな。やはり彼も、『エリクソン催眠』は確実に学んでらっしゃいますよね。(←勝手に親近感♡)

 

 

💡プチメモ💡

☆『催眠(さいみん)』とは、漢字で書くと「眠りを催す」と書きますが、実際に眠ってしまうことではありません

催眠中というのは、意識がよりはっきりした状態になることを指します。

 

☆『睡眠(すいみん)』は、みなさんご存知の眠ることを表しています。

 

そして、今年2月に日本でも第2作目が出版されましたね。

 

「おやすみ、エレン」

 

第1作目に続き、これまた素晴らしい内容です♪

 

両作品ともそうですが、より快適な睡眠へと誘う読み聞かせが出来るように文章が色分けされています。

 

強調する単語は太字で。

ゆったりと優しく読み上げる部分は淡い色になっていたり・・・。

 

それがこのシリーズの大特徴でもあります☆(まさにエリクソン催眠のメソッドが網羅されている!!!!)

 

 

絵本ですからどうしても子供向けに思えてしまいますが、お子様だけに留めておくのは勿体無い!

働く大人たちにも私はオススメしたいです☆

 

 

 

ちなみに、この絵本をもっと上手に読めるようになりたい!という方がいらっしゃいましたらお近くのヒプノセラピストへご相談してみるのもいいかもしれませんよ♪

 

リクエストがございましたら、私のサロンでも絵本の解説には載っていない上手に読むためのテクニックをお教えいたしますよ☆

 

 

 

それでは今日も素敵な1日を🌈

 

 

 

🔔Room.345 サロンご予約スケジュールはこちらからどうぞ

☆2017年5月4日(木)よりメニューがリニューアルと一部料金改定いたします。

詳しくはこちらをご覧ください

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です